バナー

医療脱毛はどのように脱毛するのか

医療脱毛と言ってもレーザー脱毛と電気針脱毛の二種類がありますのでそれぞれの脱毛方法について簡単に説明をします。

まず、医療脱毛でも現在主流となっているレーザー脱毛について説明をすると、名前の通りに体毛にレーザーを照射する事で脱毛できます。
もう少し詳しく説明をすると、体毛の中に含まれているメラニン色素がレーザーのエネルギーを吸収して熱を発生させ、その熱エネルギーを用いて脱毛する効果があるのです。


だからこそレーザーを照射する際にはその周囲の肌にもレーザーは照射されますが、肌にレーザーを照射しても問題が無く効率的に処理をする事が可能となっています。

もう一つの医療脱毛である電気針脱毛についても説明をします。



こちらの脱毛方法の場合は針を毛穴の一つ一つに刺し、そこに電流を流す事で脱毛効果があります。
レーザー脱毛と比べると古くから行われている方法であり、唯一の永久脱毛であるとも言われていて、その脱毛効果は非常に高いのですが、レーザー脱毛が現在は主流となっているのにはそれなりの理由があります。

電気針脱毛はレーザー脱毛と比べると痛みが強く、手間が掛かる上に施術者の技量が仕上がりに大きく影響し、技術者を育成するのにはそれなりに時間を必要とします。

今、評判なのはこちらのgoo ニュース情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

そしてその分だけコストがかかって料金も高くなってしまう傾向があるのです。

新宿の医療脱毛選びであなたの手助けをします。

電気針脱毛はレーザー脱毛には無いメリットもあるので現在でも無くなっているわけでは無いですが、主流では無くなったのはこのような理由があります。