バナー

脱毛クリニックと肌状態

脱毛クリニックで医療脱毛をする時には、肌状態の管理をするようにしましょう。

脱毛クリニックで導入をしている脱毛マシンは、医療機器でもある医療レーザー脱毛にマシンです。



ムダ毛を溶かして無くすのではなく、レーザーを照射して、そのレーザーの熱を毛根の組織に伝えて、脱毛の効果につなげていくことができます。

脱毛クリニックで脱毛をするときには、毛根への効果がしっかり出るような、肌を維持しておく必要があります。
医療レーザー脱毛をするのには、向いていない肌というのもあります。
医療レーザーは、どんな肌にも対応できるとは限らず、相性的にも翼はない肌というのがあります。

肌の状態を見たときに、かなりの色黒なタイプは、レーザー脱毛には向いてはいません。すごく色が黒い肌の場合は、ワックス脱毛のお手入れの方が向いている可能性はあります。
もとから色黒ではなくても、肌の色が黒くなってしまうことがあります。

それが紫外線を受けての、肌の日焼けをした状態です。


日焼けをしても平気だったのは昔のことで、現代の紫外線は有害でもあることから、極度の日焼けは避けたほうが肌のためにもいいでしょう。


脱毛クリニックでは日焼けの肌は脱毛はできませんので、肌を日焼けで黒くするのはやめることです。


日焼けをした状態は脱毛できませんが、時間が経てば元の色に戻りますので、肌の色が普通になったら、やっと脱毛を始めることができます。

4meee全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

脱毛クリニックに通うことになったら、日焼けはしないことです。

新宿の脱毛クリニック情報の公開中です。